大地とエウロピ大地とエウロピ

今関大地

今関 大地

独学で絵を学び、エウロピの絵を描いています。印象派やモダンアート、表現主義などの絵が好きで、そういった芸術運動や現代美術を通じてエウロピを描き、表現していきたい。

1987年、千葉県流山市生まれ。現在、東京自由が丘で活動しています。

私が若い頃、万年筆を買いに南青山に行った時のこと。 表参道駅を出て骨董通りを歩いているとたくさんの外国人が歩いていた。私は万年筆のお店が見つけられずに道をさまよい、小さな公園にたどり着いた。

そこにはうなだれたモデルのような外国人女性がいた。今日は帰ろうかと思ったがもう一度駅まで戻って探してみようと公園を出た。 忘れ物をしたかと思い振り返ると、彼女は私の真後ろにいてぶつかった。その人は見上げるほど背が高く、とても美しかった。そんな美しすぎる女性がエウロピのモデルです。

mail-letter