10周年に向けてリニューアル中です!2021年7月20日で10周年。

油絵を始めるにあたって必要な道具とは

こんにちは、今関大地です。

エウロピという現代アートのスーパーモデルを描いています。

ご覧ください!

チャンネル登録もお願いします!

油絵を始めるにあたって必要なこと、という動画を作りましたので、ご覧ください。

必要なもの。絵の具、キャンバス、筆ぐらい・・・?

絵の具はもちろんのこと、キャンバス、筆があれば油絵は始められます。

もう一つ付け加えたいのが、画用液です。

画用液なしだとあまり表現力がなくなってしまいます。

画用液はペトロールやペインティングオイルで十分です。

特にペインティングオイルは下絵から仕上げまで使えるので一つ用意しておきましょう。

慣れてきたらもっといろいろ選ぶのもありです。

ペトロールは描き出しや下絵の段階で、ペインティングオイルはその後につけながら描いていきます。ペインティングオイルの量は始めは少なく、ある程度仕上げの段階では量を多くするというのがスタンダードな描き方です。

小さなイーゼルや使わなくなった布も

描くサイズにもよりますが、最初は6号や8号くらいがお勧めと言われています。それに合わせた小さめの卓上イーゼルも売っているのでそれで描くのがいいと思います。あまり油絵を寝かせて描く人はいないかな・・と思います。アクリルなどは寝かせて描く人もいるみたいですが・・。

あとはいらない布を用意しておいた方がいいです。ティッシュだと破けてキャンバスとかに張り付いてしまうので、必ず布で拭くようにしてください。

油絵は敷居が高いように見えますが、意外と道具はそんなに多くないので、やってみてください!!

    今関大地の一人語りの記事