europa

【連載 europaからの手紙6】 仕事はいくらか慣れてきた

  • facebookでいいね!
  • はてぶで共有
  • pocketに入れる
  • Tumblerで共有
大手企業の派遣社員。仕事はだいぶ慣れてきた。DTPデザイナーという職種で働いている。この業界のトップクラスといってもいいような、大企業で派遣をやることになった。
派遣だって人生初なのに、自分でもまさかこんな大企業でやるとは思わなかった。

プリント一つ出すにもいちいちRIPに通すという徹底さ。社内ルールやシステムの運用はたくさんあり、正直難しいところもある。ただ慣れてくれば手が勝手に動いていくというものだ。そんなにストレスなく仕事ができる。

RIPというのは印刷用の最終データのようなものである。例えば墨文字は載せる(オーバープリント)などの設定をRIPにしておけば、自動でそういうPDFを作ってくれる。あとはそれを出力すればそういうカンプが出てくる。なんとも便利なシステムだ。

わずか1日だけ、携帯の機能が停止した。

携帯の料金の支払いを忘れてしまい、ついに携帯の電波が止まってしまった。

わずかに1日。

wi-fiもauにしてあるので、パソコンの回線もストップ。スマホも当然動かない。この1日でポケモンGOの連続ポケモンゲット記録が途絶えたし、ポケストップを連続で回す記録も途絶えた。たった1日だがライフラインが寸断されたような感じだった。まさにこのブログも書けないし、どんな記事が見られているかを見ることもできない。わたしは意外とネット好きだから、そういうのがなくなるのが本当につらみ。

auショップで支払いをしたら、ものの10分で電波は復旧した。

わたしは「じぶん銀行」で自動引き落としをしていて、さらにじぶん銀行が三井住友銀行のわたしの預金から月に一度、いくらかを自動で送金するという仕組みになっている。なぜこんなにも複雑なやり取りになったかは、わたしがauの店員さんに言われるがままにしてしまったからだし、そうしておくといくらかでもau walletのポイントが貯まるらしいのだ。三井住友銀行の口座のお金がなくなればその流れやストップし、さらに通知の手紙が雨で濡れていたため、そのバーコードも破れてしまった。しかもそのハガキを見た時にはすでに支払い期限は過ぎていた。まあ今となっては過ぎ去ったことではあるのだけれど。

そんな感じで今日いろいろメールとかたまっているだろうな、みんなに迷惑かけただろうな、と思って内心ワクワクしていると、結局誰にも迷惑をかけていなかったことがわかった。なんだそんなもんかとがっかりする。結局いつものお店の案内とか、そういう程度のメールしか来ていない。誰もTwitterなどで気に留めてもいなし、そんなものかと思ったが、1日だからそんなもんなんだろう。

いろいろなアカウントのメールを漁っていると、どうやらGoogle Analyticsからメールが来ていたようだった。

FASTBASEというすごいもの

Google Analyticsによると、あなたのウェブサイトを見た会社の人の情報が提供されますよ、という感じの内容だった。FASTBASEを開いてみると、びっくり。

かなりの情報が提供されている。その人の名前、所属、会社の名前、会社の住所、その人がどのページを見たかなど。

かなりアクセスとユーザーの情報がリンクしている。おそらく大手企業ではそういうログをとっていて、それをGoogle Analyticsは最初からログとしてとっている。それを今回全ユーザー向けに見せるサービスを始めたのだろう。それにしてもびっくりだ。

おそらく仕事の時間(休憩等も含めて)にウェブサイトを見ている人はたくさんいるだろうけど、大手の企業はパソコンにいろいろとアクセスログのようなものを残しているんだろう。だから大企業のユーザーしかいなかったが、実際には中小企業の人もたくさんいるはずだ。もちろん最終的には個人のユーザーまで特定されると嬉しいが、それはきっとプライバシーの侵害ということで、かなりハードルは高いだろう。

しかし何でもかんでもnot providedだったGoogle Analyticsからしたら、かなりの前進である。最近Google Analyticsは攻めている。あの三本のバーのロゴはちょっと弱々しい感じもしないでもないけれど。

コメント一覧

コメントする

  • お名前

  • ウェブサイトやSNSのアカウント(書かなくてもいいです)

  • コメント

記事を検索