europa

【連載 europaからの手紙7】派遣の悲しみ

  • facebookでいいね!
  • はてぶで共有
  • pocketに入れる
  • Tumblerで共有
派遣は交通費が出ない。

自由が丘から新橋まで行くにあたって、今日から定期券を変更して見た。

京浜東北を使うと思ったのだ。
そっちの方が定期代が安いからである。

そしてやってきた台風。

わたしは大井町駅で足止めを食らう。

ホームに行くまで人、人、人。

ホームに行ってからも人、人、人。

満員電車。

やっと20分遅れで到着して、そして就業は30分からと言われる始末。

わたしは30分間の時給を失ったわけだ。

これが派遣の悲しみ。

派遣はいろいろ大変だなあと思った。

今は生物学の本を読んでいる。

図書館で借りることになった、大学生物学の教科書。ブルーバックスの新書である。

これが結構面白い。細胞から始まり、細胞膜の役割、エネルギーの獲得などなど。

これが直接絵に繋がるかはわからないけれど、ちょっと興味があった生物学をこうして概観してみると、何か新しい発見があるかもしれない。

ミューツーを捕まえた。

ポケモンGOでようやくミューツーをゲットした。

早く帰るといろいろ楽しみがあっていい。

以前は本当に夜中に帰宅するような毎日だったから。これが終わっただけで相当満足だ。もうあの日々に戻ることはないだろう。あとはこの生活と絵をどう結びつけることができるかだろう。私の創作意欲が戻るまで、というか新しいキャンバスが買えるようになるまで、もうしばしの辛抱だ。

コメント一覧

コメントする

  • お名前

  • ウェブサイトやSNSのアカウント(書かなくてもいいです)

  • コメント

記事を検索