europaブログ終了のお知らせ

テイラー・スウィフトのREPUTATIONのレビュー。

こんにちは、今関大地です。エウロピという現代アートのスーパーモデルを描いています。

チャンネル登録お願いします!

テイラー・スウィフトは大好きで、1989ツアーも初日に東京ドームに行ったし、もしまたツアーで日本に来るなら、参戦したいところだ。

今回のREPUTATIONはカッコいいということか。

私は音楽にはうとい。だから他のレビューのようにはならないので、あくまで直感的な言葉しか出せない。

まずこのアルバムはテイラー自身の成熟というところに重きを置いている気がする。「成熟」というか、楽曲の進化論という感じだろうか。カントリーの次はロック、そのあとはポップス、じゃあ次はと矢継ぎ早に進化して行くと、今回のユーロビート系のサウンドに仕上がったのではないだろうか。

前作「1989」、前々作「RED」に比べて、メロディについては多少緩慢な感じが見られた。どの曲調もそんなに変化が見られない。しかしサウンドのついては明らかな違いがあり、今までのアルバムには出せなかった成熟を感じるのだ。

やはりテイラーはテイラーらしいところがあるようだ。

場所はタワーレコードのブース

例えば「昔のテイラーに会いたい?無理。あの人は死んだから」見たいなフレーズが出て来たりする。そういうメタ的なところは昔から変わっていない。良くも悪くも強いテイラーだ。

だから私はテイラーが好きだし、やはり今回もジャパンに来て歌って欲しいのだ。

    今関大地の一人語りの記事