europaブログ再開。2020年何してた?

2021年7月。この日付には大きな意味がある。私にとってだけ。そう、このブログもこのウェブサイトも10周年を迎えることになるのだ。2011年の7月からやってきたこのウェブサイトも10年を迎えることになった。私が大学を卒業して、独学でグラフィックデザインやらウェブデザインをやったこの生き物みたいなものが、10年を迎えることになった。毎日のようにブログを更新していた時もあった。土日を費やしてPHPのプログラムを書いていた時もあった。1ヶ月ごとにデザインを変える時もあった。そして世間のウェブデザインのスピードが飛躍的に進むようになって、私のウェブデザインの興味が失われることになって、そしてデザインという行いそのものに興味を失うことによって、このブログもこのウェブサイトも宙に浮かんだような状態になった。

2020年から様子がだいぶおかしかった。世の中はコロナ、コロナ、コロナで日本は悲しいことにオリンピックまで絡んでいる。世の中と自分を分けることはできないんだ。こんなに世間知らずな男でもな。2020年のコロナ以来私はこのウェブサイトのことをずっと忘れていたといっても過言ではないだろう。そして今日、先生との別れのなかでふとウェブサイトを更新し始めた。

もちろん2021年7月が重要な時期ということは把握していた。ウェブサイトの更新をしなければならないと思ってはいたが、なかなかできずにいた。エウロピの絵も2020年はわずかしか描かなかったがそれでも絵の更新くらいはできたはずだが、それもできなかった。まさにウェブサイトに関心がなかったということである。

私は2020年、2021年、YouTubeをやっていた。

YouTubeでこんなおっさんの独り言を公開していたのだ。経緯はこうだ。YouTubeで名画の説明、エウロピの絵の動画、自分の昔話(先程の病気になった話など)・・・と3チャンネルほどをやって2021年を迎える。2021年は派遣社員のぼやきみたいなのをやって、それも結局うまくいかず現在は日向坂46のメンバーを全員描くという企画に挑戦している。日向坂46のメンバーを全員描けば何かしら面白いことでも起こるかもしれないと思い現在も描いているところである。私のキャラクターであるエウロピはどうしてもわかりづらすぎるというところがあるので、それを動画にしたところで特に需要のようなものがないのである。実際蓋を開けてみれば、日向坂46のメンバーを描いたところで大して需要などはなさそうではあるが・・・私がとりあえず絵が好きで、絵を描いている人間だということは認識してもらえるかもしれない。今後はエウロピなども動画で載せていくつもりである。そんな感じで2020年、2021年はYouTubeをやっていた。だが今日の先生との話で、YouTubeをやっていた自分に対しても何かしらの虚無に襲われることになった。何かもっとちゃんと残るようなことをしたいと思ったのである。そして私は再びここに辿り着いた。

europaを再開します。

2020年という1年は全体的に虚無だった。個展を二つ予定していたのを来年に持ち越すことにした。来年には梅雨が明けるようにコロナも無くなっているという予想だったからだ。そして2021年7月、コロナは変異を繰り返し現在進行形で大雨を降らせていた。8月には中目黒で個展をやり、来年あたりには新宿で個展をやる予定だ。また別の機会に書くことにするが、イタリアのローマでグループ展をやる。

ウェブサイトは生き物だ。ただ、自律神経はない。私が動かしてやらなきゃいけないんだ。

今関大地

今関大地

1987年千葉県流山市生まれ。

エウロピというキャラクターを描く。エウロピは惑星エウロパ出身のスーパーモデルという設定で、南青山でぶつかったモデルがモチーフ。

半年間の絵画教室を除き独学。印象派以降の西洋絵画と日本のキャラクター文化を融合し、現代的な表現を追求。

26歳で膀胱がん、29歳でうつ病を患う。うつ病治療中の同年、自由が丘で初個展。2020年アート通販サイトWASABIにアーティスト登録。2021年イタリア・ローマでグループ展に参加。

影響を受けた画家・アーティスト

レオナルド・ダヴィンチ、エドゥアール・マネ、クロード・モネ、アンリ・マティス、奈良美智、安藤忠雄など

最新の日記