europa

ボッティチェリ展の感想 聖母子とヴィーナス

ごきげんよう。今年もたくさんの美術館に行きたいですが、まずは何と言ってもボッティチェリ展かな、と思い友人と。

ボッティチェリといえば・・・

ボッティチェリというとプリマヴェーラやヴィーナスの誕生を思い浮かべますが、その遺産はさすがに持ってこれません。だけどもその二つだけがボッティチェリではないんです。

今回も印象に残った絵を紹介したいと思います。

ラーマ家の東方三博士の礼拝



ラーマ家の東方三博士の礼拝

勢揃い、という感じがしますね。中央に聖母子がいて、周りは王族でしょうか。あるいは力をつけてきたメディチ家なのか、しかも我らがボッティチェリ先生も右端に。まさに威風堂々。かっこよすぎます。しかもイケメン。



美しきシモネッタの肖像



美しきシモネッタの肖像

フィレンツェで最も美しいとされる女性、シモネッタ。やっぱり美しい人は500年の時を経てもキラキラ輝いてる。夕焼けでも見ているんでしょうか。



女性の肖像(美しきシモネッタ)



女性の肖像(美しきシモネッタ)

こちらも美しい女性の横顔。太陽と月のようですね。



アペレスの誹謗



アペレスの誹謗

この絵の中には、無実、嫉妬、誹謗、無知、真実などがそれぞれの人にいわば擬人化されており、そのストーリーを描いた絵だという。ただ私としては「真実」である左端の女性がどうしても「ヴィーナス」にしか見えない。真実は美しいということですか。



私も日曜画家としてそういう女性を描きたいです。

  • facebookでいいね!
  • はてぶで共有
  • pocketに入れる
  • Tumblerで共有

コメント一覧

コメントする

  • お名前

  • ウェブサイトやSNSのアカウント(書かなくてもいいです)

  • コメント

SEARCH