FACE展2018を見に行きました

グランプリを受賞された仙石先生には何度が絵を習ったことがありました。私はもう絵画教室は辞めていたんだけど、とても有り難いお言葉を頂いたりしました。

「とてもセンスがありますね!」

「色がいいですよ!」

と行った感じに。まあ絵画教室で生徒がお客さんみたいなものだから、あんまりけなしたりするところは見ないんだけど。でも先生がグランプリを受賞されて本当にすごいなあと思った。

絵はもっとすごかった。

絵の存在感が半端じゃなかった。どうしたらこういう表現に行き着くのだろうか。すごいなあ。それしか頭の中に浮かんでこなかった。ただただ圧倒。

他の作家もすごかった。果たして自分は入選できるだろうか?

私も絵を描いている。ただ残念ながら今まで大作を描いてこなかった。そろそろ大作を描いて、発表していきたい。できるかな、俺。

午後は新宿をぶらぶら。ガッディーラもいた(石原さとみ風)

今関大地

今関大地

1987年千葉県流山市生まれ。

エウロピというキャラクターを描く。エウロピは惑星エウロパ出身のスーパーモデルという設定で、南青山でぶつかったモデルがモチーフ。

半年間の絵画教室を除き独学。印象派以降の西洋絵画と日本のキャラクター文化を融合し、現代的な表現を追求。

26歳で膀胱がん、29歳でうつ病を患う。うつ病治療中の同年、自由が丘で初個展。2020年アート通販サイトWASABIにアーティスト登録。2021年イタリア・ローマでグループ展に参加。

影響を受けた画家・アーティスト

レオナルド・ダヴィンチ、エドゥアール・マネ、クロード・モネ、アンリ・マティス、奈良美智、安藤忠雄など

最新の日記