europa

草間彌生展@国立新美術館の感想

  • facebookでいいね!
  • はてぶで共有
  • pocketに入れる
  • Tumblerで共有

少しさかのぼりますが国立新美術館でやっていた草間彌生展の感想です。


とにかくワイルド


これはもう写真で見ていただくしかない、と思い撮ってきました。



IMG_4282.jpg



IMG_4283.jpg



IMG_4284.jpg



Avant-garde(アバンギャルド)。この前衛芸術家としての草間さんの大規模展覧会に、もっと期間中行っておけばよかったと思わせる。とにかく多作で即興的、あるいはつねに創造性を大切にしているのか、しかし草間さんの作品だなあという個性がどの作品にもある。作品のタイトルと絵をどこまで紐付けるのかはわからないが、前衛というのはそういうことが多い気がする。



IMG_4304.jpg




IMG_4306.jpg

お馴染みの水玉模様。

外にはかぼちゃも展示されていた。ここは六本木。東京ミッドタウンをバックに。都会とアートはよく似合う。



IMG_4313.jpg



アートって、いい。アヴァンギャルドはもっといい。芸術は素晴らしい。


コメント一覧

コメントする

  • お名前

  • ウェブサイトやSNSのアカウント(書かなくてもいいです)

  • コメント

記事を検索